代筆僕

たま〜に書きます。多分

最高に意味なし

今日は意味ないこと書きます

 

 

 

 

ウイーンガシャンガシャン

ほぼブラジルというよりかはほぼ広島

 最近になってやっと次長課長の片方と中川家の片方の見分けがつくようになりました。どうも

 

なんとなく似てると思いませんか・・・?

 

ないですね。それはない。僕の近視がおかしいだけです。

 

片方と片方言ってますけど、名前がわからないだけです。

 

お笑いには疎いです。紅白歌合戦に出てるアイドルが全てAKBにしか見えないおじさんレベルで疎いです。

 

んなくっせぇ例えはどうでもええわ!!

文体がマキシマム ザ ホルモンの亮君みたいになってきてるので軌道修正します。

 

広島。そう、広島ですよ。

 

デーモン閣下が小学生時代を過ごした。

 

PerfumeやBABYMETALの真ん中を輩出したアクターズスクール。

 

外人の多い平和公園らへん。

 

ラーメンの尾道

 

戦艦大和の呉。

 

とにかく広島。広島。広島。

 

じゃあこんだけ広島広島書いておいて、何を言いたいかと言ったら

 

「広島でファミえんやってくれよ〜。藤井さ〜ん」

 

みたいな魂胆です。

 

そこそこ魅力ありますよ?平和を愛するオタクも多いし、欠点といったら2号線でよく老人が轢き殺されることくらいですよ。

 

別にエビ中メンバーに老人はいないから大丈夫でしょうけど。

 

ファミえんをするには十分な広さを持つ公園なんかもゴロゴロあります。

 

特に僕が推してるのは「国営備北丘陵公園」です。

 

理由としては、

 

・県の北側にあるため、それなりに涼しい。

 

・到着までの距離もそれなりにあるので遠足感がある。

 

・何よりデカイ。レジャー物もある。

 

・緩い丘があったら、各所に休める場所があって楽。

 

みたいな理由です。

 

冬は幼稚園児が喜びそうなイルミネーションをやってるので、広島県民はいって見ましょう。

 

広島のオタクとして、ファミえんを広島でやる事を切に願ってます。招致活動はできないけど。

 

 

 

ところで次長課長の片方と中川家の片方って似てません?

 

気のせいかな・・・

 

 

接触イベと×××××

楽器ばかり触りすぎて、ゲームのコントローラーを持った瞬間に「あっ軽い」とか口走った僕です。どうも

 

今日はエビ中、大阪で小林、中山コンビの接触イベがありましたね。

『股ずれダイヤモンド』とかセンス溢れる名前をした方とかが色々事故ってたみたいですね。

いや〜。『股ずれダイヤモンド』さん、見てますか?

 

こんなテレビに出た時の一般人みたいなマネはよしときましょう。

 

 

今回題名が「接触イベと×××××」とか意味深風な感じにしてますけど、特に意味はありません。

 

なんとなく題名に釣られて見てしまった人、すいません。本当なんとなくです。

広告収入をつけてるタイプのブロガーなら「金ヅルだぜ・・・」とニヤけてるのでしょうが、ブログで食っていこうっていう発想自体が死んでる。

 

 

僕、正直接触イベに興味はありません。

僻地である広島に誰も来ないだけなんですけど、なんとなく興味がないんですよ・・・。

 

真面目な話、「趣味のものは趣味のものだと割り切ってるので、接触イベとかでアイドルとかと接触してしまったら趣味のものと現実を割り切れなくなりそうで怖いから」

 

っていう理由もあります。

 

ビビりです。僕は。

お化け屋敷とかに入ったらビビりすぎてお化け役の方にキレるタイプの人間です。

そしてお化け屋敷を出ると謎の爆笑をしてます。

 

ビビりだから。

 

接触イベによって、アイドルが体調不良になった・・・

 

みたいな話を聞いたら知らないアイドルだろうと割とガチで萎えます。

オタクは人一人の体調をぶち壊す。

 

まったくこれだからオタクは・・・。

 

 

もちろん、接触イベが楽しいという人もいるでしょう、てかそっちの方が多いだろ。

 

 

 

僕はシャイな人間だから、アイドルと面を向けたら口が動かなくなる自信があります。

 

スマホとかテレビで見てる人が、チケット一枚で目の前に現れんですよ?時代の恐怖ですよ、コレ。

 

 

 

今年、『Fear, and Loathing in Las Vegas』というバンドのライブに行き、物販列に並んでいました。すると、物販終わりのところにボーカルのsoさんとギターのtaikiさんがいて、しかもしかもファン1人1人と握手してました。

 

「あんなんファンの中にインフル菌持っとるやつがおったら終わりじゃろ・・・」

 

とか思いながら見てました。

 

と同時に、「俺は今からあそこに行くんか・・・」とも思いました。何を言おうかと思うまま、いざ握手してもらった時、ボーカルのsoさんには「今日楽しみにしてます」とだけ言いました。

 

すると「ありがとう!絶対楽しくなりますよ!」って言われて、もうチョロオタの僕は満足しました。

 

ギターのtaikiさんと握手した時は無言で見つめ合いました。サザンオールスターズかよ。

 

見つめながら(相変わらず変態みてぇな格好してんなぁ)と思ってました。

 

 

こんな風に、僕は割と早くに満足するし、発想がケチのものだからチケットをもう一度買ってもう一回同じアイドルに接触しよう・・・なんてしないでしょう。

 

CD積むのもよくわからない感覚です。

 

 

『接触イベとオタクたち』

 

運営から見たら相性は最高ですが、非ドルオタの人間からしたら地獄以上の絵面でしょうね。

エビ中に流れ着くまで

どうもどうも。事件も何も起きてないのに、まさかの2日連続更新です。嘘つきですね。昨日と言ってることが違う・・・。

ぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃ

 

てなわけで、今回は題名の通り僕がエビ中に流れ着くまでのことを書いていきます。自分語りですね。自分語りしたがるヤンキー気取りの男子、クラスに一人はいますね。

今日はそんな人の気持ちがわかるでしょう。

f:id:miniiiii_325:20161117201259j:image

 

さて、それじゃあ書いていきましょう。

まず、幼稚園の時に姉の影響を受けて『NEWS』という男性アイドルグループを好きになりました。ジャニーズです。ホモではないです。

f:id:miniiiii_325:20161117201224j:image

(2005年のNEWS)

友達が多くなかった僕は、ライブDVDを見たりして、漠然と楽しんでました。今思えばコレがオタクの素でしょうね。

 

そして小学生になった僕。当時はなぜだかやたらと早起きでした。

やたらと早起きだった僕は、土日の朝はアニメを見ていました。そんな時、とあるアニメのオープニングソングに衝撃的なものを覚えました。

そのアニメとは「絶対可憐チルドレン」です。

そして、そのアニメのOPを歌っていたのが『可憐Girl's』というユニットなのです。

f:id:miniiiii_325:20161117201629j:image

(可憐Girl's)

その曲が「Over the future」という曲なのですが、小さい頃ながらに感動したのを今でも覚えています。

と、同時にここら辺からアニメにハマっていきました。(音楽と関係ないため割愛)

 

そして小学校4年生くらいだったでしょうか、相変わらずアニメオタクだった僕は「マギ」というアニメを見るようになりました。

そのOPを歌っていたのがヴィジュアル系バンドの『シド』というバンドです。ボーカルのマオさんの綺麗な声と高い技術力に驚き、「V.I.P」一曲に撃ち抜かれ、好きになったやつです。

f:id:miniiiii_325:20161117202341j:image

今思えばメタルを好きになった原点は確実にここです。同バンドの「S」という曲は、とてもサディスティックな歌詞とメタルサウンドのバランス感覚が最高です。おすすめです。おすすめ。

 

そして、僕は「the Gazette」や「NIGHTMARE」を経由し、海外のメタルバンドに興味を持ちます。

Linkin Park」や「Dragon force」はその時から好きです。小6くらいでしょうか。

f:id:miniiiii_325:20161117203132j:image

f:id:miniiiii_325:20161117203135j:image

(Linkin Park と Dragon force)

 

 

オタク、過激な曲を好むようになるのです。

ツイートも、過激すぎるものは控えましょうね。(オタクへピンポイトのメッセージ)

 

ぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃ

 

そんでそんで、僕はまさに厨二病まっさかりな時期に入ります。

日本の音楽クソ!!海外のバンド最高すぎワロタ!!ハッハ〜〜!!」

みたいな時期です。

この発想の方がよっぽどクソですね。

まぁ大抵の人が通る道だと思い込んでますが・・・。(そう思い込ませてほしい)

 

そんな矢先、『BABYMETAL』に出会い、僕のそんな厨二病臭い発想は殺されることになります。

f:id:miniiiii_325:20161117203737j:image

(「ギミチョコ!!」のBABYMETAL)

なんせ、それまでは日本の音楽、特に女性アイドルは軽視していました。そんな軽視していた女性アイドルに魅せられたのです。

 

ここら辺からオタクへの階段を上り始めます。

大人の階段を上りたかった・・・。

 

あの「ギミチョコ!!」の衝撃は忘れられません。夏休みの30日間くらい毎日「ギミチョコ!!」を聴いてましたからね。頭おかしいですよ、本当。

 

ベビメタを好きになり、日本の音楽に目を向け始めた僕。

 

そこで友達の紹介で「Fear, and Loathing in Las Vegas」というバンドを好きになり、続いて「SiM」、続いて「My first story」と・・・。

f:id:miniiiii_325:20161117204211j:image

(Fear, and Loathing in Las Vegasのギター&ネタ要員、taiki)

 

やっと「マキシマム ザ ホルモン」以外の邦楽バンドを聴くようになったのも、この時期です。(中3の夏休み)

 

そしてついにお待ちかね、「私立恵比寿中学」!!

し〜りつえ〜びす ちゅ〜が〜くで〜す。(疲れてきたオタク)

f:id:miniiiii_325:20161117204505j:image

(スタッフの星名さんへの配慮が抜群な画像)

 

エビ中は友達の紹介で知りましたが、最初知った時は好きになれませんでした。

理由は最初に見せられた曲が「未確認中学生X」だったから・・・です。

今は好きですよ?もちろん。

 

昔から、ラッキィ池田の振り付けが苦手なんですよ・・・。見ていてどうしようもないくらい恥ずかしいから・・・。

それから数週間後、2chのロックスレッドに『五五七二三二〇』なるものが取り上げられてて、「なんぞ?こいつ」ってなり、少し調べたところなんとkenkenが!kenkenが関わってると発覚!

「もうこれは聴くしかねぇ!!」と『半世紀優等生』を聴き、ハマる。

 

あぁ、今思えばオタクとして本格的にスタートした瞬間です。

 

そして、その大元のエビ中が再び気になり、自分で調べて聴いた曲が「ハイタテキ!」でした。

ジュディマリのTAKUYAが関わってると知り、オタク大興奮。

そして「ハイタテキ!」がツボに入った僕、二曲目に手をつけます。

それが「放課後下駄箱」でした。これもツボでした。曲を聴いてて異様に楽しかったのを覚えてます。

三曲目、「梅」です。ここで僕は本格的なオタクに転生しました。

転生するべきものを間違えてます。後悔はないけど。

 

ざっと書けばこんな感じです。

なんだかオタクという単語を自虐的に使ってますが、それほどオタクであることを恥ずかしくは思ってないです。というか慣れました。学校のクラスでもドルオタキャラが定着しつつあるので、今更どうでもいいです。

 

これからも、自分の趣味には自信を持って、好きなものを広げれるよう善処します。

そして、これからもよろしくお願いします。

以上、〆が無理矢理小僧でした。

 

ありがとうございました。

 

 

 

最後に、ブログとやらを書くのはこんなに大変なんですね。定期的にブログを書くアイドルさん、尊敬できますね。

 

エビ中の中山さんは定期的に書かないみたいだけど・・・。

f:id:miniiiii_325:20161117205633j:image

 

 

 

 

 

 

 

設定に時間かけすぎじゃ!!タコ!!

どうも、こんばんは。今やっと日が変わりましたね。

なんか色んな人がブログやらんやらやってるんで便乗してみようという発想です。

まぁ大した格言めいたことは書きません。

書いてもせいぜいオタク観とか趣味のことでしょう。Twitterの方と大して変わりはないです。

「じゃあTwitterにこもってろ!デコ野郎!」と思う方もそこそこいると思いますが、まぁ落ち着いてください。そのうち飽きてますからf:id:miniiiii_325:20161117000504j:image

今日はこれくらいにして、スキャンダルとか新曲のリリース、ライブレポとか何かしら事件があった時にこのブログに手を付けようと思います。

上の画像に意味はありません。よろしくお願いします。