代筆僕

たま〜に書きます。多分

チャラン・ポ・ランタン in 広島クラブクアトロ(12月17日)の感想

題名の通り、チャラン・ポ・ランタンのライブへ行ってきました。

f:id:miniiiii_325:20161217234102j:image

 

満員御礼・・・とはならなかったものの、めっちゃ楽しいライブでした。

 

まずファンの層。

 

いかにも音楽が好きそうなおじさまが多かったです。他にも親子連れの方や、逃げ恥の影響なのか女子大生くらいであろう人もちらほらいました。もちろん、おばさまも多かったですし、見た目が怖い人はいませんでした。

 

ぼっち参戦の人も多く、物怖じすることはなかったですし、する必要もないです。

 

何より演奏陣の皆さまがバカテクですね。

 

楽器がうまいうまい。小春さんのアコーディオンとか、手の動きが意味不明です。ドラムのふーちんさん。千手観音とはよく言えたものだった・・・。

 

ソロパートでスティックがシンバルに引っかかり、すっぽ抜けるというハプニングがありましたが、特に焦っている様子もなくすぐに別のスティックを取り出して叩き出してたし、舞台慣れしてるんだな〜。すげぇなぁ〜。

って思いました。

 

 

約2時間の”ショウ”でした。

 

ももさんの飛行機アナウンスのようなアナウンスから始まり、笑いの要素も強かったです。

チャラン・ポ・ランタンとはこうだ!」みたいな雰囲気が流れてていいものでした。

 

記憶に残る。

 

最初、「アジアの純真」から始まり、やっぱりこの曲を知ってる人も多い分、初っぱなから観客の皆さんもブチ上がってました。

 

思ったよりノリがよかったぞ、観客。

 

序盤、中盤は哀愁漂う曲が多かったです。

ノリとかはももさんが誘導してくれるのでそれほど厳しくないです。

 

ただ、「メビウスの行き止まり」や「ムスタファ」や「ハバナギラ」など、あらかじめ知っておかないとついていけない曲もあるのでご注意を。

 

終盤はもう楽しくて仕方なかった・・・。

 

なんだあの連続でキラーチューンとも言える曲の連発・・・。

 

セトリとか細かいことは覚えてません。すいませんした。

 

MCまでもが楽しいチャラン・ポ・ランタン

 

小春さんの卑屈なキャラとももさんの苦笑いフォローがいい味出してるチャラン・ポ・ランタン

 

カンカンバルカンのメンバーの方々の演奏中のバカテクとMC中の笑顔にも引き込まれるものがありました。

 

いって損はないぞ!!楽しいぞ!!行け!!